三共サービスのファクタリング手数料はなぜ低い?【シミュレーション紹介】

三共サービスのファクタリング手数料は、業界の中でも最安の基準に設定されています。

そこでこの記事では、三共サービスのファクタリングの手数料について、シミュレーションや他社との比較をまとめてお伝えしていきます。

三共サービスのファクタリング手数料

ノンリコース契約 (償還請求権なし) である

三共サービスは、中小零細企業向けのファクタリング会社の中では少し審査が厳しいと言われています。

理由は、三共サービスのファクタリングがノンリコースの契約 (償還請求権なし) だからです。

MEMO
ノンリコース契約とは、売掛先が仮に倒産してしまっても利用者に売掛金の請求はせず、その倒産リスクをファクタリング会社が負う契約のこと。

仮に売掛先が倒産したとしても、利用者に支払いの義務がないため非常に安心で安全なサービスと言えます。

ただ、ファクタリング会社にとってはリスクが大きいため、その分他の会社よりも審査が少し厳しくなるということです。

他のファクタリング会社よりも手数料が安い

三共サービスでは、ファクタリング1回の利用で「資金繰りを何とか改善してもらいたい!」という考えから、他のファクタリング会社より審査を少し厳しくしている分、手数料が低く設定されています。

三共サービスのファクタリング手数料シミュレーション

2社間ファクタリングのシミュレーション

例)売掛金100万円、買取希望90%、手数料5%

このようなシミュレーション結果となります。

審査結果によって手数料の差異はありますが、あなたがお持ちの売掛金が「どのくらいの額で買取してもらえるのか?」がわかります。

3社間シミュレーション

例)売掛金100万円、買取希望90%、手数料1.5%

こちらは3社間ファクタリングでの、シミュレーション結果になります。

三共サービスのHPよりシミュレーションができますので、審査を受ける前に軽く試してみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、三共サービスのファクタリングの手数料がなぜ低く設定されているのか?についてお伝えしました。

まとめ
  1. ノンリコース契約を採用しているため審査が厳しい
  2. 資金繰りを改善してもらうために手数料を低く設定している
  3. 手数料シミュレーションでだいたいの買取金額がわかる

三共サービスでは、ファクタリングの利用も法人限定にしているため、審査がとても厳しいように感じるかもしれませんが決してそうではありません。

毎回きちんと入金が確認できる売掛先であれば、審査はほぼ確実に通りますので業界でも最低水準の手数料率を誇る三共サービス。

ぜひご利用されてみてください。

【三共サービス】公式サイトを見る

詳しい関連記事はこちら↓

三共サービスのファクタリング口コミ評判ナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA